とにかく色白で全く日焼けをすることがなくたった三日でシミだらけに

私のシミの体験談なのですが、私はとにかく色白で全く日焼けをすることがありませんでした。
それがあることをきっかけに身体の上半身にシミができてしまったのです。そのきっかけは沖縄に三泊したことです。
やはり沖縄と言えば海です。透き通った綺麗な海、珊瑚でできた真っ白な砂浜で日に焼くことを楽しみにしていました。沖縄に到着した早々、直ぐにホテルの目の前にあるビーチに行き、海水浴を楽しみました。元から色白なので、普段は日に焼いてもただ赤くなるだけで、3日もすれば赤みも引き、まるで何もなかったように元の色白に戻ってしまう体質だったので、沖縄の強い日差しでしっかりと焼けば、きっと良い感じに日に焼けるだとうと考えていました。
もちろん、シミ対策と綺麗に焼くために、しっかりとサンオイルを塗り、日に焼いていました。しかし、私の想像を遙かに超えた強い日差しだったのです。
最初はこれは色白の私でも、しっかりと焼けるなとワクワクしていたのですが、一日が終わりホテルに戻ると身体が熱を持ったまま違和感を感じました。しかし、日焼けを全くしたことのない私にとっては、これが日に焼けるということなのだと思い込み、その次の日も次の日もしっかりと日に焼きました。そして、帰る頃には、まるで火傷のような状態になってしまったのです。熱も出ていて、飛行機に乗ることすら、きつい状態でなんとか帰ってきました。
一緒に行った友人は大変心配していたのですが、日が経てば、直ぐに落ち着くから何の問題もないよと自分自身にも言い聞かせる感じで言ったことを良く覚えています。
実際に1週間もすると、赤みも引きました。しかし、案の定、黒くもなく真っ白の状態に戻り、ガックリとしました。そこまではいつも通りでまだ良かったのですが、3ヶ月位してから、いつもと違うことが起こりました。
身体中に細かい茶色のシミができたのです。私は、沖縄から時間が経っていたので何が起こっているのか全く意味が分からずにいたのですが、友人にそれを相談すると間違いなく沖縄での日焼けが原因だろうと言われました。色が黒くなったわけでもなく、ただシミだけできるなんて本当に最悪だと大変落ち込みました。
今では、それ以来、もう焼くことが怖くなり、夏になると普段か日焼け止めをこれでもかという位に塗り、日焼け対策をしています。
色白の人に大きな声で伝えたいことは、絶対に無理やり日焼けをしてはいけないということです。私のように取り返しのつかないことになりますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です